システムコーチングとは?【組織のチーム力を底上げする人材育成のためのコーチング】

どうも安藤優希(@AndoYuki55)です。

目標達成のコーチングのプロで、現在は個人事業主や経営者の方を多くクライアントにしています。

いままで年商3億円の社長さんや、従業員100名を超える会社の経営者にコーチングを行ってきました。

継続してセッションの予約もしてもらっています。


クライアントの悩みは本当に様々で、人生が変わるコーチングにしてほしかったり、120%の解決ができるようにいろんなコーチングを学び取り入れています。


今回はCRR Global Japanが提供するORSC(システムコーチング)について解説していきます。

コーチングとは


まず、一般的なコーチングとは、コーチが受ける人に具体的な答えやノウハウを教えずに目標達成に導く指導法です。

コーチのスキルである「傾聴と質問、承認」の力で受ける人に目標達成の近道をしてもらいます。
傾聴とは耳と目、心、体で人の話を聴くことです。
質問で受ける人が目標達成のための問いや答えに気付けるようにします。

セッションと呼ばれるコーチとの対話の中でそのやりとりが行われます。
承認とはコーチは受ける人の人間性はもちろん、行動や結果に対してなんでも受け入れて否定しないということです。

コーチングとコンサルティングの違いは、答えを自分で気づいてもらうというのがコーチングです。コンサルティングは具体的な課題に対して答えを教える指導をします。


コミュニケーションの取り方が違いコンサルティングは教えるため一方通行で、コーチングはコーチと受ける方のやりとりになるため双方向です。
受ける方は自分で目標達成に対して問いや答えを見つけるため、達成へのモチベーションが非常に高くなります。


自ら目標達成することによって、大きな自信にあることも特徴です。
自立した人材に育てることができるとこれからの教育になると言われていて最近では企業研修に使われたり、経営者がパーソナル・コーチングを受ける方が増えています。


メリットが多いのですが、デメリットを挙げると、基本は個別対応の指導になるため大勢の指導ができないことと、効果が出るまでに時間がかかることです。


コーチングとシステムコーチングの違い

システム・コーチングは組織と関係性に働きかける新しいスタイルのコーチングと呼ばれています。

通常コーチングは1対1(コーチングでは1on1ミーティングとか呼ばれます。)で行われます。
グループコーチングでも、コーチが個人個人に考えを聞きつつ、全体の意見をまとめていくといった感じになります。


システムコーチングでは複数人のチーム自体を「生き物=システム」ととらえ、そのシステム自体をコーチングの対象とするというのが特徴です。


人間関係そのものをコーチングします。


1つのチーム=1つのシステムです。
個々の能力は学ぶ量だったり、経験、才能などに左右されます。
しかし会社や事業など組織で戦う場合、個人がいくら強くても組織やチームになったときに機能できなかったら意味がありません。

ラグビーで個人ではパス力や突破力が凄まじいのに、バックス(ボールをパス回して進む方のポジションです。)がチームとして機能してなくて、パスが通らなかったら戦略の幅が狭く、結果チームとしては勝つのは難しくなります。


2人以上の人が集まればそれはチームと呼べます。
この2人以上でなにか生もうとするこの力がシステムコーチングの対象になります。


目に見えないけど、マネジメント可能なものです。
それはできるだけ良い結果を出そうとする熱意だったり、コミュニケーション、能力の掛け合わせ、リーダーシップと呼べるものです。


この良い関係性を作っていくのがシステムコーチングの役割です。


コーチングで傾聴は重要なスキルですが、このシステムコーチングでも重要な役割を果たします。
チームの関係性=システムを構成している個人個人が持つ考えや意見をシステムの声として尊重して傾聴していくことで、今システムに何が起きているか知ることができます。

そこにコーチによる質問で個人に問題に気づかせることによって、結果メンバー同士が自発的かつ意図的に良い関係を作り上げていくことをを支援することができます。



コーチング全般に言えますが、システムコーチングでも、人間関係が改善されチーム力が上がったことを実感するとの声があります。



システムコーチングで大事なのは、メンバーがひとりひとりチームに所属しているという自覚が重要です。

人は自分が置かれている環境や組織を意識しないと関係性について深く考えることはありません。
自覚することで、今の状況や問題などに気がつくことができます。


その気付きが意図的な関係性を作っていくことに繋がります。
「現状を知った上で、今後、自分たちはどんな関係性を共につくり出したいのか」という考えになり、意図的な関係性作りがメンバー同士で自発的にスタートしていきます。

さらにレベルアップして関係づくりが進むとメンバー同士でチームが持つ課題の解決に自ら取り組むようになります。
メンバーが自分たちで具体的な行動を起こして、変化を起こしていきます。


チームが存在する理由は共通の目的を持って、それに向かって協力して進み目的に合った結果をだすことです。
そのチームが目指す結果を出し続けるためにも、自分たちで意図的な関係を作り出すことが必要です。


良い関係性を作って目的に合った結果を出していき、さらに関係を深めていくという良いサイクル作りにシステムコーチングが役に立ちます。


ちなみに、システムコーチングは決して、システムを修理したり治療するものではないです。
通常のコーチングもそうですが、マイナスの精神状態をゼロに戻すのはカウンセラーやセラピーが適しています。

システムコーチングは「システム=チームの関係性を意識して明らかにするように支援する」というのものです。


メンバーひとりひとりが関係性を意識することができれば自発的にシステムを良くしようとします。
システムコーチングはその好循環を作るのが役目です。


以上がシステムコーチングの解説です。
組織力を上げたいということに特化したコーチングです。

普段は目標達成させるコーチングをしています。
内容はこちらの記事が参考になります。
【効果的なコーチングのやり方】目標達成のための人材育成にもセルフコーチングにも使える方法

有料の悩み解決の書籍が無料で読めるキャンペーン中

成功する経営者たちが、
真の幸せを手にするために
こぞって学ぶマインドがあり
メルマガでその内容を公開しています。

メルマガに登録するだけで、
マインドを磨く技術50万円分のノウハウを
無料で学ぶことができます。

 

僕はもともと
ひどく仕事できない人間で
アルバイトでも会社員でも
活躍できない人間でした。

そんな僕でもこの技術を使って
行動したら人生が180度変わり、
好転しました。

・決まった時間に決まった場所に出社
→場所も時間も選ばない生活

・体重108キロで自分に自信が持てない
→ダイエット-40kg成功

・運営していたSNSを成功させる
→Twitterを3ヶ月で1万人達成
→YouTube複数チャンネルを10万人まで伸ばす

・彼女すらできない
→理想の恋人ができた

など

 

その技術を学び、
達成したいことを叶えてきました。

 

その経験からどんな環境で育っても、
知識一つで、
思考が変わり、
行動が変わり、
習慣が変化して、
人生を変えることができると
確信することができました。

【自分のやりたいことが叶う】

一人一人がイキイキして前向きになり
世の中が活気に溢れて
社会がもっとよくなると思っています。

 

読むだけで悩み解決できるマインドが
身につくように書いています。
メルマガに登録して無料プレゼントを受け取ってみる

たくさんの経営者の方に役に立ったと言われた
自己分析ツールも、今期間限定で、
登録してくださると
書籍に加えてダウンロードしていただけます。

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

▼メルマガの登録はコチラから▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

安藤 優希
サイト管理人:安藤優希 ビジネス系のコーチングが得意 1989年生まれの群馬出身。 目標達成の技術を使い年商1億円&3億円の社長をコーチング。 港区(六本木)勤務歴8年。有益だと思った本の内容も発信。 カメラと旅行が趣味。人がイキイキできる社会になるよう情報発信中。108kg→69kgのリバウンドなし健康ダイエットの経験。ベンチプレス元120kg。