月収300万あっても不幸な経営者たち。幸せを手にするにはどうしたらいいのか

どうも、安藤優希です。

僕は経営者向けにコーチングをおこなっていることや
数年間六本木で働いていたこともあり、
大勢の成功者、お金持ちと接してきました。

プライベートで一緒に遊びに行ったり、
家に遊びに行かせてもらうことも
しばしばありました。

その中には幸せそうな方もいれば、
お金は山ほどあるのに不幸の人もいました。

せっかく幸せを掴むためにビジネスを始めて、
血を吐くほど努力してお金持ちになれたのに、
それでも不幸なのはすごくもったいないです。

そこで今回は、どんな生き方や仕事の仕方をすれば
幸せな毎日が手に入るのか書いていきます。

どんな成功者がいるのか
具体的なエピソードはメルマガで配信しています。

ブログとかSNSなど、
オープンな場所では話せない話なので
メルマガというクローズドな環境で配信させてもらってます。

よかったら読んでみてください。

メルマガの登録はこちらから
↓↓↓
安藤優希の公式メールマガジン

稼いだ後も幸せに暮らせるように、
ぜひ記事の内容見てほしいです。

不幸な経営者の特徴とは?


不幸な経営者は常にライバルを意識しています。
自分と他人を比べることが辛いのと一緒ですね。

他人に勝てるかどうかが幸せの基準になっています。

たとえ年収が3億円を超えても、
上には上がいます。

社会全体でみると、0.1%とか
エグゼクティブで超上流だし、
お金も自由に使えて
豊かな生活を送っているのに、
いつまで経っても劣等感を抱いていたり、
休む間もなくずっと働き続けています。

そのためかお金持ちでも、
メンタルが崩壊していて、
健康も害してしまっている人もいます。

自分たちの行動すべてに言えますが、
本来、もっと豊かになるため、
もっと幸せを手にするために取り組むはずです。

ビジネスを自分で、はじめる理由は様々ですが、
根幹にあるのは豊かになり
幸せになりたいということです。

そもそも生物が生きる理由は
生き残ることと子孫を残すことでです。

仕事をして成功して豊かになれば
食べるものも住む場所も困らずに
むしろ人より良いものを食べれます。

病気になったとしても
いい治療が受けられて
長生きでき生存できる確率は上がります。

豊かであれば異性から
魅力に思われる確率も上がります。

生物的にも成功したいという欲求は
当然の本能的な渇望なんですね。

しかし、それが行き過ぎて、
ライバルに勝つことばかり意識していると、
どれだけ稼いでも幸せにはなれずに、
お金があるのに精神的に病んでいる状態になります。

目の前でメンタルを崩したり、
健康を害して不幸になっている方は意外と多いので、
これからビジネスする人も
現役の経営者の方にも
自分には関係ないことだと思わずに
気をつけてほしいことだと思います。



ではどうすればいいのかというと、
他人との競争から抜け出すことが幸せの第一歩です。

お金とか物質的な豊かさという基準だけで
他人と戦っていると、
はてには三木谷浩史や堀江貴文、柳井正などと戦うことになります。

万が一、超絶頑張って彼らに収入や資産で買ったとしても、
次は世界の富豪や天才経営者が待っているわけです。

ライバルに勝つことに幸せの基準を設定していると
ビジネスでは一生涯に渡って
心のは平安は訪れないです。

当たり前の話ですが、
日本を代表する経営者に勝てない=不幸
というのは違いますよね。

どんな業界でもナンバーワンは一人だけです。

頂点を目指し、
負けたら敗者として扱うのは間違っています。

けど、飲み会で話すとわかりますが、
経営者界隈では、
どうしてもお金や年商が
経営の手腕の基準になり、
稼いでいる人が偉いという風潮があります。

もちろんお金は大事ですし、
利益を追求して、稼ぎを増やすのは悪いことではないです。

ただ、それは何のためにやっているのか?
誰のためにやってるのか?
もう十分、資産があるのに、
さらに身を削り、幸せを犠牲にして
働く必要あるの?と思ってしまいます。

ビジネスが楽しくて仕方がなくて
寝食を忘れて取り組んでしまうとか
健康や人間関係を良好に保ちながら
仕事できているならいいですが。

けど、いろんな経営者にお会いしてわかったのは
すでに十分な収入があり、
そこまで今のビジネスに熱量が高いわけでもないのに

周りの経営者がビジネスをしているから、
自分も負けないように、
どうでもいい見栄やプライドでビジネスをしている
ケースが多々あります。

(もちろん特定のだれかを批判するために
書いている記事ではないです。)

(ライバルに勝つためにビジネスをしている
経営者や起業家は多いですという話です。)

僕も目指すべき姿はありますが、
他人に勝つことにそこまで興味はありません。

ちなみに経営者界隈の考え方も同意です。

「1億円稼いでからがスタートラインだ!」
「実力のない経営者は存在が罪。
年商は伸ばし続けないといけない」

とコンフォートゾーンを広げて
成長するには欠かせない考え方だと思っています。

もちろん僕自身1億円を目指していますし、
お客様に喜んでもらえるビジネスは大好きなので、
これからも続けていく予定です。

ただ、競合やライバルと収入を比較し続けていると
お金は稼げても精神的には良くないなと気が付きました。

経営者でなくとも、
自分と周りの人を比べてしまったり、
SNSを見て他人を比べ続けたら、
一生幸せにはなれないですね。

友達が結婚するとか、
いい会社で働いているとか
子供が生まれたとか。
比べ始めたら切りがありません。

同年代とか自分より年下の人が
自分の10倍稼いでいて
僕も頑張らないと!って刺激はもらえます。
悔しい思いもありますが、
すぐに自分のペースに戻るので
感情がマイナスになることはめったにないです。

結局、自分がどう生きたいか?
何を成し遂げたいのか?
という生き方が大事なので、
それに合ったビジネスもプライベート含む
ライフスタイルを取ることの方が大事ですね。


自分の幸せとはを考えたときに…!


僕が起業した理由は
会社員生活が向いていなかったからです。

好きなことをすると超能力を発揮するよね。
とどこでも言われていました。

食べるのが好きで飲食をやっていた時は
売上を伸ばして、
六本木ヒルズの坪単価売上げランキング上位にしたり、

幹事をすれば設定から段取り、
盛り上げまでやってスーパー幹事と言われ、

ゲームも好きであっという間に
うまくなり友達に勝ったり

ウエイトトレーニングでも
あっという間に腹筋を割ったりしました。

しかし会社員ではいかにミスせずに早く業務を行えるかで、
強みの発揮は二の次なんですね。

働くこと自体好きなので、
週5日勤務で朝9時から夕方6時までの勤務でも
全然苦痛ではありませんでした。

しかし、自分を抑えて会社でやらなきゃいけないことに
注力して、しかもいくら結果を出しても同期と似たような
給料で20万そこそこ。

時間を無駄にして
命を削っている感覚がすごくて
モヤモヤが全く晴れませんでした。

比較的自由なウェブマーケティング会社に
入ってゴリゴリの日本メーカーで働いていたときよりかは
自由にストレスなく働けるようになりました。

自分で目標を設定して、
社長に同意を得て
やることも自分で考えて決めて
自由にさせてもらっていました。

このときからコーチングや動画編集など
副収入も入るようになり、
東京もからも離れて生活していたため
会社員なりにはいい生活をできていました。

しかし、稼げる市場が分かって、利益を出す方法も教わり、
入念に下調べをおこなったのに
社長に同意をもらえないこともあり
徐々にフラストレーションが溜まっていました。

そして今は独立してコーチを行っています。

別に僕はタワマンに住んだり、
ブランド品を買い漁ったり、
キャバクラで豪遊したりしたかったわけではないです。

興味関心のあることが多くて、
ただただ自分が好きなことを思う存分できる
お金と時間が欲しかっただけです。

効率よく働けるようになるために僕は起業しました。

自分のライフワークハーモニー、
つまり幸せを追求していった結果
自分でビジネスをするという選択肢になりました。

するとあっさり食べていける金額は稼げたし、
時間も場所も自由になり、
毎日やりたいことができるようになりました。

経営者界隈ではまだまだ
ひよっこの中のひよっこレベルの年商ではありますが。

けど、自分の思い通りにお金と時間の
リソースを割くことができて、
不毛な人間関係もないので
本当に毎日充実しています。



もちろん、上を目指すことが一概に悪いことだと言えません。

成長や学びを止めると
あっというまに退化しますし、
僕自身向上心や成長意欲はかなり強いです。

しかし、成長したい欲の矛先を間違えて、
ライバルに勝つため、
お金のためだけにビジネスすると、
不幸な生活が待っているということです。

僕もまだまだ成長していきたいですが、
それはビジネスだけでなく、
むしろ人間力の方を育てていきたいと思っています。


今は収入を上げることや
ビジネスを成長させることが最優先ではなく、
いかに自分らしい生き方ができるか
ということを全力で追求しています。

今もコーチをしながら、
いろんな人に会って視座を高めながら
いろんな生き方に触れて、
自分はどんなことができるのだろうと
濃い毎日を送ることができています。

そのためか毎日成長している実感や
誰かの役に立つことができていというやりがいを感じて
毎日幸せだなと思っています。

月200万あれば幸せになれる。その先は自由


僕の体感としては、
月200万あれば何不自由ない生活が手に入ります。
もちろん人によりますが、
月150万くらいだとまだ倹約が必要。

月収1000万や3000万の方など
まわりの経営者に聞いたり見ていると
だいたい月200万を突破したあたりから
お金への執着が消えてより自由な生活を送っていました。

移動はほとんどタクシーですし、
気軽にホテルに泊まり、
食事や買物も値段を見ないで買っていました。

ビジネスを自動化していれば、
明日から1週間海外に行くとかもできます。

毎日飲み歩いて豪遊したり、
高級なブランド品を買い漁ったり、
無理に家賃の高いタワマンに住んだりしなければ、
生活に困ることは一切ありません。


月200万以上は自分がどこまでいきたいか、
どうなりたいか?で決める世界になってきます。

より社会に影響を与えて役に立ちたいなら
収入をもっと伸ばすでもいいし、

ビジネスに満足したなら
次は投資を自分の資本を増やして
本当の経済的自由を目指してもいいですし、

趣味に没頭する生活や
田舎や海外で気ままにすごすのもありですね。

僕もせっかく自由なので、
ビジネスを伸ばしつつ、
大好きな写真で個展を開いたり、
大好きな海外に行っていろんな考え方を吸収していきたいです。

好奇心が強いので、
興味のあることをどんどんやりたいですね。

自己承認欲求が強いので、
お金に完全に困らなくなっても
仕事は続けます。

ロールモデルにしている方も
お金は有り余っているけど、
自分が働くだけ社会貢献になることを理解しているので
ビジネスを続けていて、世界中を飛び回っています。

ちっぽけな自分だけど、
自分の周りにいる人を幸せにするくらいの
影響力を持ち、自分が生きている間に
1ミリだけでも良い社会にするのが、
生まれてきた役割だと思っています。



経営者界隈はよりお金を稼いでいる人が偉い
という風潮がすごいですが、
(逆に低いとめちゃくちゃイジられます。)
間違いだと思っています。

もちろんビジネスの観点でいうと
収入が高い=凄いことなので、
自分より格上の経営者に会う時も
謙虚に接するようにしています。

(人によって態度を変えるわけではないですが、
格上の方だとマインドの低い発言ができないので緊張しますね。)

たしかに売上=社会に貢献した量
といえますが、
元々ビジネスは自分が幸せになるために始めたはずです。
個人の幸せは人にとって違い、どれくらい稼ぎたいかも
当然違ってきます。

それを誰かと比較して

お金はあくまで価値基準の一つでしかなく、
それだけで人間を見ると悲惨なことになります。

お金は幸せになる手段のひとつでしかないです。

生活に困らないだけのお金を稼いで、
あとは家にこもってのんびりする生活をして、
それが満足しているならそれでいいですし、

逆に1億円稼いでも周りと比較して、
次は10億稼がなきゃ人じゃないとか焦って、
自分の心を置いてお金に執着して働いていたら
その人は精神的には幸せじゃないはずです。

自分の心と向き合って、
お金を稼ぐことが唯一の生きがいと
理解していれば別ですが。

ただ、たいていは何かのためにお金を稼いでいるわけで、
自由な生活を送りたいとか
親孝行したいとか
なにかしら理由があるはず。

それをそっちのけでお金を稼ぐことばかり考えていたら
将来、精神的に良くない状態になります。


友人に50歳で稼ぎきって今は毎週100万円使って
豪遊していてる元経営者の方がいるんですが、
自分がほんとうに求めているものがわからなくて、
豪遊してもなにか虚しいと言っていました。

お金があっても買えないものは
あるんだなと実感しましたし、
ずっとお金が基準だったから
今、別の基準を探そうとしても
できないんだなと。

つまり何がいいたいのかというと、
他人と比較するのではなく、
自分を軸にして考えて、
自分が満足するライフスタイルを考えて
確立することが大事ということです。

月200万もいらない人ももちろんいますし、
いい人に囲まれて暮らしたいとか
人によって様々です。

ただ人間は食べていかないと生きていけなので、
その不安を払拭するにはビジネスに没頭して
お金の心配を消すのもありですね。

成功しても不幸な人はいるので、
そうならないように、なんの価値に重きを置くか
自分で考えてほしいです。

血がにじむ努力をして、
不幸になってしまったら
なんにも救われないじゃないですか…!

敵は自分


いろんな経営者と話していますが、
お金はあるのに不幸な人は結構います…!

せっかく成功したのに
人間関係に問題があり、鬱になってしまったり、
健康を害してしまい辛そうな方など、
本当にもったいないです。

人間なので他人と比べるのは
仕方ない部分もありますが、
いつまでも人と比べていると
どれだけ収入を増やして豊かになっても
心は貧しいままで幸せにはなれないです。

僕は他人に買った負けたよりも、
目の前のことを全力で楽しんでいきたいです。

『アバウトタイム』という映画があるんですが、
主人公がタイムスリップの能力を持っています。
幸せになるために、自分の思い通りの未来にしたくて
なんどもタイムスリップを試みます。

しかしある日気がついたのは今その時を
全力で楽しむことが一番の幸せだと
発見しました。

それから主人公は
タイムスリップしなくなるのです。

僕も同じように、
今この文章を書いているときも
この記事を読んで良い方向に
行く人がいればいいなと
ワクワクしながら書いています。

一瞬一瞬をいかに楽しめるかですね。


少し話がそれましたが、
僕は大学生ころからビジネスに興味があり
アルバイトやインターンなど
なにかしらの仕事をしていました。

しかしいつまで経っても
仕事ができるようにならなかったです。
原因は様々ですが、その一つに
ライバルに勝つことばかり考えていたことでした。

仕事もできるようになるには、
自分の何が悪くて、何を改善すればいのかとか考えたり、
逆に自分の得意なことはなにか考えて
それを伸ばす必要があります。

しかし、そんなことは全然考えず、
周りの人はできるのにとか
他人と比較ばかりしてました。


もちろん、なかなか成長しないので、
仕事もうまくできるようにならず、
同じレベルの仕事を1年ほどやってしまったこともあります。

コーチングで成長が急加速したのもありますが、
仕事の取り組み方も変えて、
自分を基準にして
どうしたらうまくできるのか考えるようになりました。

すると3ヶ月でも、いままで自分ができなかったことが
できるようになり、収入も上がっていきました。


仕事だけじゃなくて、ビジネスも同じで、
ライバルに勝とうと思っている人は上手くいかないです。
お客さんからの視点が弱くなってしまっているとか
原因は様々です。

仮に上手くいったとしても、
上には上がいるので精神的に安定しません。

ビジネスの本質はお客さんの悩み解決です。

経営者はやるべきことは、
お客さんの悩みを見つけて
どう解決するか考えることです。

するとお客さんは喜んでくれるし、
自分もビジネスも楽しくなり、
収入もどんどん増えていきます。

競合を意識してマネするということも大事ですが、
意識しすぎて自分が見えなくなってしまうのは
良くないですね。

いままで周りと比較して幸せを犠牲に
頑張り続けてきた生活を送り続けているからいきなり

「ライバルに勝つことを考えずに
目の前の幸せを考えるようにする」

ように考えるようにするのは
無理かもしれませんが、

少しづつ意識していかないと
気がついたときには
取り返しのつかないことになっているかもしれません。

うつ病とか一度かかってしまったら
また再発しやすいですし、
健康を一度失ったら取り戻せないこともあります。

他人が何億稼ごうが、
後から参入した人に月収を越されようが、
気にしすぎないほうがよいです。

(上手くいっている秘訣を盗む程度がちょうどいいですね)

大事なのは、
自分でこれでいいと思える生き方をすることです。
理想の生活を追い求めることですね。


ビジネスは自分が幸せに
なるために始めたはずです。

その目的を忘れて、
ライバルに勝つことや
収入をさらに伸ばすことばかり考えて、
お金はあるけど不幸な人は一定数いるので、
気をつけて欲しいなと思っています。

最初は一瞬でもいいから自分の幸せとは
なんだろうと考えるだけでもいいです。

お金はあくまで手段のひとつなので、
ある程度、収入が増えたら、
固執するものではないですね。


他人事だと思わずに、この記事で
自分の幸せってなんだろうと考えるきっかけになったらなら幸いです。

有料の悩み解決の書籍が無料で読めるキャンペーン中

成功する経営者たちが、
真の幸せを手にするために
こぞって学ぶマインドがあり
メルマガでその内容を公開しています。

メルマガに登録するだけで、
マインドを磨く技術50万円分のノウハウを
無料で学ぶことができます。

 

僕はもともと
ひどく仕事できない人間で
アルバイトでも会社員でも
活躍できない人間でした。

そんな僕でもこの技術を使って
行動したら人生が180度変わり、
好転しました。

・決まった時間に決まった場所に出社
→場所も時間も選ばない生活

・体重108キロで自分に自信が持てない
→ダイエット-40kg成功

・運営していたSNSを成功させる
→Twitterを3ヶ月で1万人達成
→YouTube複数チャンネルを10万人まで伸ばす

・彼女すらできない
→理想の恋人ができた

など

 

その技術を学び、
達成したいことを叶えてきました。

 

その経験からどんな環境で育っても、
知識一つで、
思考が変わり、
行動が変わり、
習慣が変化して、
人生を変えることができると
確信することができました。

【自分のやりたいことが叶う】

一人一人がイキイキして前向きになり
世の中が活気に溢れて
社会がもっとよくなると思っています。

 

読むだけで悩み解決できるマインドが
身につくように書いています。
メルマガに登録して無料プレゼントを受け取ってみる

たくさんの経営者の方に役に立ったと言われた
自己分析ツールも、今期間限定で、
登録してくださると
書籍に加えてダウンロードしていただけます。

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

▼メルマガの登録はコチラから▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

安藤 優希
サイト管理人:安藤優希 ビジネス系のコーチングが得意 1989年生まれの群馬出身。 目標達成の技術を使い年商1億円&3億円の社長をコーチング。 港区(六本木)勤務歴8年。有益だと思った本の内容も発信。 カメラと旅行が趣味。人がイキイキできる社会になるよう情報発信中。108kg→69kgのリバウンドなし健康ダイエットの経験。ベンチプレス元120kg。