貧乏な人にこそを商品を売るべき

僕はお金がない人にこそ物を売り込むべきだと考えています。
日本では商品を売るとかお金を儲けることに抵抗のある人が多く、
なに言ってるんだと思う方もいる考え方ですね。

ちょっと理由を話していきますね。

僕の知り合いに英語習得のためのコーチングをしている人がいます。

彼女の収益源は主に1対1での指導。
英語が習得できずに悩む人に対して、オンラインで英語を教えたり、
学習効率や意欲を高めてもらうためにコーチングをしています。

その対価としてクライアントから3ヶ月で30万~程度のお金をいただきます。
(条件はありますが、万が一上達しなければ返金)

これまで数十人に指導していますが、失敗例はほぼゼロ。
中学校のときは通知表が2で
それから苦手意識があって英語の勉強していない人や
高校をでてからも20年以上英語に触れていないという人にすら
およそ1ヶ月で基礎を叩き込み、
ある程度の会話ならできるようにしてしまう人です。

先日たまたま食事する機会があり、悩みを打ち明けられました。
彼女曰く、あまり裕福でないお客さんに対して、
商品の売り込みは気が引けてしまうとのこと。

「商品を売り込めない」という声はよく聞きます。
市場やジャンル問わずに、悩みとして持つ人は多いため
今回とりあげてみます。



彼女は紹介してもらった人や、自分のSNSのフォロワーさんと
zoomで話す機会を設けていて、そこで無料の相談に乗った後、
有料の定期的な個別指導のコースをオファーします。

先日は東京に住んでいる20代後半の男性の無料相談に乗りました。
この男性は自分の武器になるものが欲しく、
今の仕事でも英語が扱えれば仕事の幅が増えて、給与が上がるそうでした。

これまで自分で英語の学習をしてきたけど
全く上達せず、SNSで発見した彼女を頼ってきたそうです。

しかし、親の借金を返しつつ正社員でも月17万程度の収入しかなく
毎月借金を返したら生活がやっとの状況。

そんな人に何十万も請求するのが申し訳なくて、
彼女は定期的な指導のコースをオファーせず、
無料で簡単な英語習得のアドバイスだけして帰ってきたそうです。
ただのボランティアですね。

彼女は似たような経験が以前にもあり、
「お金に余裕のない彼のような人にも定期コースを
オファーするべきだったんだろうか?」
と悩んでいました。


僕は考えさせてもらってから、こう答えました。


「彼にお金を節約してもらって、口座に大事に30万円とっておかせることと、
多少無理してでも彼にそのお金を払ってもらって、
君が全力で彼に英語をスキルとして習得してもらって
仕事の幅を広げて活躍させてあげることと
いったいどちらのほうが彼は長く幸せに過ごせるだろうね」


すると彼女の中で気づきがあったらしく、
「使命感が足らなかった…!」と後悔し始めました。

結局、彼女はお金がないと言っている相手に高額のオファーをすることで、
相手に「悪い感情を持たれやしないだろうか?」という恐れがあり、
自己防衛のためにオファーすることを避けていました。

一見優しい行為に見えますが、
それは決してお客さんのためを思った行動ではありません。
それによってお客さんは、深刻な悩みを解決するチャンスを失ったのですから。

もちろん英語を習得して仕事で活躍するより30万の方が大事だ!
という人もたくさんいると思いますが、
少なくとも選択の機会くらいは相手に与えてあげるべきでした。

上達しなくても返金保証がついているので、
相手がただお金を損するというリスクはないわけですし。



これはなにも英語というジャンルに限った話じゃないですね。

もしYouTubeで確実に相手に
収益化して毎月10万を稼がせる自信があるのであれば、
そのコンサルティングを5万で売るのは悪でもなんでもないです。

むしろお金に困っている人ほど、
無理をしてでも、そのサービスに申し込んでいただくべきでしょう。
そうすれば長い目で見て相手は幸せになるからです。

自分を変える機会を得られなくて結局は
モヤモヤする日常に戻ってしまい、
逆に売り込みをしなかった方が残酷な場合もあります。 


もしモテないことですっかり自信をなくしている人がいたとして、
10万円を払ってもらうことで、
相手を確実に異性からアプローチされるほど魅力のある人間にさせられるなら
裕福か貧乏かに関わらず、10万円を受け取るべきです。

その方がお客さんは、コンプレックスがなくなって幸せになるからです。

(もちろんこれは、確実に相手に成果を出してもらえる自信があったり、
返金保証をつけるなどして、相手にリスクがなかったりすることが前提ですが)

ちなみに僕は20代前半まで死ぬほど女性にモテずに、
それがコンプレックスで当時は深く悩んで、辛い日々を送っていました。
もし、恋愛コンサルタントなど存在を知っていたら、
いくら高額であろうと依頼していました笑

お金はまた稼げばいいですが、若い貴重な時間は戻ってこないですからね。
お金を払って時間を何十時間も節約できるだけでなく、
重く悩む苦しい時間からも開放されます。



もし相手がお金に困っていそうだからという理由で売るのをやめれば、
お客は悩みを解決できず、お金をもらうことができず、Lose-Loseです。
誰も幸せになりません。

お金に困っている人には値引きしてあげるという選択肢もありますが、
通常の値段で買ってくれる人と同じサービスにしてしまっては不平等で
他のお客さんに申し訳ないですし、

サービスを提供している方もお金をいただかなければ、
継続して活動することができなくなってしまいます。

相手がお金に困っているからという理由で、値引きばかりしていたら、
今度は売り主が忙しいばかりで儲からなくなってしまい
事業が続かなくなることも考えられます。

ボランティアしたいなら、
自分がしっかり金銭的・時間的時間をてえに入れてやったほうが
結果的にたくさんの人を救えます。

稼いだお金で社会慈善事業を始めるとか、
社会貢献をしている団体に寄付する方がよほど
社会のためになります。


まあ、この辺は人や商品によって考えが違うところですね。
「貧しい人に高額商品はオファーすべきでない!」
という人もいますね。

ビジネスは絶対的な決まりなどないですから、
最終的には自分の信念や考え方で決定することになりますね。

ただ、真剣に悩みを持っている相手に、
お金がなさそうだからということで売り込むのをやめるのか?

それともしっかり商品・サービスの価値と価格を伝えて、
それが必要だと答えてくれた人だけからお金を受け取り、
かわりにその人の悩みをしっかり解決してあげるのか?

どちらが誠実な態度なのかということは、考えて見る余地はありそうです。

もちろん、貧しい人にむりやりお金を払わせて、
相応の価値を提供せずにお金を持ち逃げするのは最低の行為ですね。

高校生から詐欺で搾取するインフルエンサーがたまにでてきますが、
袋叩きにあってあっという間に消えますね。


成功者の95%は借金持ちというデータもあります。
実際に借金してこそやる気に火が付いて
行動するようになった成功者の話はたくさん聞きます。

僕も自信も借金していて、メーカー勤務時代に200万のFXのコミュニティに
コーチングの研修にも100万ほど支払っています。

結果当時はモヤモヤした気持ちを持っていましたが、
今では晴れ晴れとした気持ちで時間も場所にも縛られない生活を送れているので
投資は成功だったなと思っています。

僕の給与は最初、会社員時代で月収18万でした。
英語を教えている彼女が躊躇している人と同じ状況ですね。

あのとき、自分を変える機会を得られたからこそ
今があって毎日を充実させられています。


あと、投資することで、人脈が一気に豊かになるんですね。
文字通り世界が変わるという感覚で。

研修ならよりひとに会うことができて、
高額の教材とかでも、買った人同士で
つながるとか聞いたことあります。
販売者によっては購入者限定の懇親会とかやってくれたりしますね。

自己投資することに理解のある方たちは
特に自己啓発系は人間的にできている人が多いです。
そして単価が高いほどさらに質は良くなります。

知り合った人たちと一緒にビジネスしたり、
話をしてマインドを磨くこともできます。

僕もコーチングの研修が経営者が多く、
いろんな話を聞けましたし、
一緒に仕事することもしばしばありました。

業界が違う人達が集まっているので、
いろんな裏話をきくこともできました。

(表では話せない内容もあるんでメルマガで配信しようと思ってます。)

貧乏な人ほど付き合う人が変わり、
世界が変わり、投資効果が高くなるので
これも貧乏な人にほど商品を売るべきだと考える理由です。



貧乏な人にこそ売るべき理由はこれだけじゃなくて、
価値を交換しないと富を増やすことはできず、
やはりLose-Loseになるからです。

富は交換すれば増えるもので、
お金やサービスが欲しいと思う方がいるからこそ
それらを得るために商品を作ったり、価値を提供します。

交換がなければサービスも価値も生まれることがなく、
社会が発展することはありません。

裕福な人は交換できる価値をすでにたくさん持っているから
率先して交換すべきは交換できる価値をあまりもっていない貧乏な人なんです。

貧乏な人がお金を支払い価値を得て、
それでサービスや商品を作ったらまたお金を得ることができます。

お金を儲ければ儲けるほど、世の中全体は豊かになっていきます。
だからお金を儲けることに対して引け目を感じる必要もないし、
むしろ世の中により多くの価値を提供しているからいいことなんです。

貧乏な人にこそ物を売って、
その人個人にも潤ってもらって、
社会全体を豊かにしていく。

貧乏な人に物を売る行為は社会貢献にもつながるんですね。


お金持ちが幸せとは限らないと言う人がいますが、
幸福度を見ると貧乏な人より、
お金持ちの方が高い傾向にありますね。

遠慮なく売り込んで社会全体を元気にいちゃいましょう!

ではでは~

有料の悩み解決の書籍が無料で読めるキャンペーン中

成功する経営者たちが、
真の幸せを手にするために
こぞって学ぶマインドがあり
メルマガでその内容を公開しています。

メルマガに登録するだけで、
マインドを磨く技術50万円分のノウハウを
無料で学ぶことができます。

 

僕はもともと
ひどく仕事できない人間で
アルバイトでも会社員でも
活躍できない人間でした。

そんな僕でもこの技術を使って
行動したら人生が180度変わり、
好転しました。

・決まった時間に決まった場所に出社
→場所も時間も選ばない生活

・体重108キロで自分に自信が持てない
→ダイエット-40kg成功

・運営していたSNSを成功させる
→Twitterを3ヶ月で1万人達成
→YouTube複数チャンネルを10万人まで伸ばす

・彼女すらできない
→理想の恋人ができた

など

 

その技術を学び、
達成したいことを叶えてきました。

 

その経験からどんな環境で育っても、
知識一つで、
思考が変わり、
行動が変わり、
習慣が変化して、
人生を変えることができると
確信することができました。

【自分のやりたいことが叶う】

一人一人がイキイキして前向きになり
世の中が活気に溢れて
社会がもっとよくなると思っています。

 

読むだけで悩み解決できるマインドが
身につくように書いています。
メルマガに登録して無料プレゼントを受け取ってみる

たくさんの経営者の方に役に立ったと言われた
自己分析ツールも、今期間限定で、
登録してくださると
書籍に加えてダウンロードしていただけます。

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

▼メルマガの登録はコチラから▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

安藤 優希
サイト管理人:安藤優希 ビジネス系のコーチングが得意 1989年生まれの群馬出身。 目標達成の技術を使い年商1億円&3億円の社長をコーチング。 港区(六本木)勤務歴8年。有益だと思った本の内容も発信。 カメラと旅行が趣味。人がイキイキできる社会になるよう情報発信中。108kg→69kgのリバウンドなし健康ダイエットの経験。ベンチプレス元120kg。