準備力を高めることで、未来に備えて一流になる【人生を変える】

どうも安藤優希(@AndoYuki55)です。

元映像クリエイター
→コーチングのプロ。

個人事業主メインに経営と健康面のサポート。

年商3億社長、占い師、YouTuberなどの専属

「一流」と「一流以外」はどう分けると聞かれたら、それは「準備力の差」と答えます。
勝負に対して一流は準備を怠らないから自身満々で挑むことができて、あらかじめイメージトレーニング、頭の中で一度勝っているから実践でも勝つことができます。

ホリエモンもlivedoorの社長時代に「想定の範囲内」という有名な言葉を残していますが、一流は想定の範囲が広く、準備力が高いです。

僕もこの方法を知って日々鍛えてまして、想定の範囲が広がり、仕事で失敗したり、時間をロスすることが激減しました。

今回はそんな準備力を鍛える方法を紹介します。

イメージトレーニングについてはこちらの記事で書いています。

メルマガだけの内容も配信しています。
期間限定で自己分析ツールも無料でお付けしています。
よろしければ、ぜひ使ってみてください。
メルマガはコチラ

今回はこんな方向けに書いています。

○いつも仕事で準備しているつもりが、想定外の打ち合わせになったり、トラブルが発生してイメージ通りに進まないことがほとんどで、もっと想定の範囲を広くしたい

○もっと仕事で準備できると楽に進めるのにと思ってします。
作った資料が読む人の目線で考えられてなくて質問されまくるし、やりなおしで時間を食うことが多い。

時短のために、もっと仕事に備える準備力が欲しい

○仕事ができる人って想定外のことでも備えていたりしてすぐに対応してしまうのかっこいいと思っていて、すごく憧れる。

自分も想定内を広げて、問題が起きてもすぐに対応できるようにしたい。
そしてできるだけ準備も時間かけずにできるようになりたい。

準備力を高めるには心・技・体・生活の4つの視点から自分が失敗しそうな問題を洗い出していきます。
出てきた問題に対してひとつひとつ対策を考えていくことで準備力を鍛えることができます。

準備力を高める

目標を高い確率で達成し、成功し続ける「成功のプロ」の人たちは問題が起こっても、臨機応変に対応し、まるで壁やハードルがないかのように、すいすいと成功に向かっているように見えます。

しかし、もちろん実際はそんなことはありません。
成功のプロたちは目標を決めたと同時に、達成にたどり着くまでに起こりそうな問題、出会いそうな壁について丁寧に予測し、前もって備えています

この備える力を「準備力」といいます。
成功する人、一流は準備力が非常に高い人ばかりです。

本田圭佑選手も試合後のインタビューで「準備」という言葉を多く口にします。
最近は、ビジネスでサッカーをしていると言われていますが、仕事と捉えて準備をするからこそ長い期間高いパフォーマンスを発揮することができています。

準備力が高い人たちは、まるで他の人よりも一足先に未来をその目で見てきたかのように振る舞います。
それが、未来を予測し、徹底的に準備を整えるということです。

そのため準備をする人は、落ち着いて堂々としていて、自信を持っています。
どんな事が起きてもたいていのことは「すでに見てきた未来」の中で起きるとわかっていることなので慌てることがありません。

準備していたとおりや予想していたとおりに出来事に対応することができます。
トラブルが起きても想定内だから冷静で落ち着くことができます。
準備力が生きてるときの心持ちを「平常心」と呼んだりします。

継続して出したい成果を量産して出す成功のプロと、たまに成功するアマチュアとの違いはこの未来予想と準備力にあります。

プロとは与えられた仕事で確実に期待通りまたはそれ以上の結果を出す人のことをいいます。
プロと呼ばれる人ほど、仕事を始める前の予測や準備に力を入れています。

準備力の高め方

準備力を高める手順を紹介していきます。
こちらで紹介した4つの観点を使います。

4つの観点だけ抜粋して書いておきます。

4つの観点とは「心・技・体・生活」です。
この4つの視点から、自分の過去の経験や、これからの未来に起こりそうな問題点について、じっくり考え、その対策や解決策を準備します。



心理面や感情面、精神的な状態のことを指します。
うまくいったときはいつも、適度な緊張感があったとか、しんどくなるとすぐに諦めてしまう傾向がある、などの内容は「心」に関する分析です。



専門的な知識や仕事に関するスキル、あるいは仕事の進め方やノウハウなどの事言います。



健康面や体力面に関することです。
体調管理、風邪をひかない、飲みすぎないようにする、トレーニングを継続する、体重のコントロールなどです。


生活
生活面、特に仕事をしていない時間の過ごし方です。
家族との過ごし方、交友関係、規則正しい生活、整理整頓などがこの項目です。

準備力の強化にもこの視点は使います。

準備力を高める手順



①目標達成を邪魔するような、おこそうな問題点を4つの観点【心・技・体・生活】から予測する

例えは次の見出しで説明します。



②4つの観点それぞれから予測した問題点に対する具体的な解決策=準備を考える

1つの問題点に対して、解決策は1つだと限らないので、できる限りの解決策を立案します。
これが準備力です。

例えば、
心:「目標達成が見えてくると安心して力を抜いてしまう」
(これが大きな目標を立てる理由なのと、ほとんどの人はこれに陥りやすいです)
という問題が予想されるとします。

対策として「目標まであと少しのところ(例えば、売上なら100万目指すとしたら90万とか)で、次の目標を設定する」とか考えられます。

技:「販売促進の知識が足らずに打つ手がなくなる」
という問題が予想されるとします。

対策として、
○販売の専門家(コンサル)に相談する
○社内で販売の知識豊富な先輩に相談する
○毎週末に行動の結果をデータから分析し販売計画を見直す

などが考えられます。


③予想される問題点に対する解決策を考える中で、他者の力を借りる必要がある場合には、その人たちは【支援者】だと考えて、支援してもらえるような準備を整える


目標達成においてこの項目が一番重要だったりします。

日本人はできるだけ人の力を借りずに自分でやらないとと思っていますが、人と組むことで大きな結果を生み、社会に価値を提供していけるし、自分の苦手なことはどんどん依頼したほうが、てっとり早く解決できます。

場合によっては自分の数十~数百時間を専門家の数時間で解決できることがあります。

人から力を借りる力をマスターマインドといいます。
成功者は実はこの力が高く、成功者自身も「成功するために必要な力」と言っています。

ワンピースのルフィもどこにいっても、その場で仲間を増やしてしまいますよね。
やはりこのマスターマインドが高いと言えます。



④未来を自分なりに予測し、起きそうな問題点を先取りで掘り起こし、実際に起きるかどうかは関係なく準備しておくという取り組みは仕事や生活に対する危機管理意識の育成にも役立ちます。

未来を読む力はこちらの記事でさらに鍛えられます。
今の記事は自分の未来ですが、紹介の記事はビジネスで未来はどうなるのか読む力を身につけることができます。

あとさっき紹介した自己分析の記事とセットで生かすと効果が増します。


最後にせっかく自分で未来を予想したので、対策するための行動を考えることまでがセットになります。

気付きを行動に変えていく作業です。
過去の自分を振り返り、未来を予想したことで、過去・現在・未来の自分自身に対して多くの気付きを得ることができています。

これらの貴重な気付きを【心・技・体・生活】のすべての面において自分を成長させるチャンスにすることができます。

分析の具体例

僕が自分で自己分析した例を紹介します。

予想される問題点
①主体変容ができていない
②一人で多くの問題や仕事を抱えてしまっている
③失敗が続いてしまう

解決策
①目的を考える/常に目標を意識できるように部屋の壁に目標を貼って、いつも持ち歩いているスケジュール帳にも目標を書いておく

②食事の時間を仲間と一緒に過ごして気軽に共有できるようにしておく/遠慮しない/プライドがお金になるか考える(=毎回1円にもならないので、相談することができます)

③取り組み前に問題点を考えて、結果が出たあとにも振り返りの時間をそれぞれ30分作る

予想される問題点
①相談せずに方向性が間違ってしまう
②キャパオーバーで仕事をやりきれない
③全体の概要を理解しきれていない

解決策
①その場で質問を1つ以上するようにする/アウトプットして確認して方向性を共有する
②次の日の優先順位を前の晩に考える。突発的なタスクはその場でどれが優先順位が高いか並び替える
③新しい仕事が増えたときに、その仕事の目的を確認する。
そしてその仕事の概要を考えて、合っているか確認のために専門家や詳しい人に聞くようにする。

予想される問題点
①寝る前にスマホを触りすぎて時間をムダにしてしまったり、睡眠の質を下げてしまう
②揚げ物、加工食品を食べる/タンパク質だと思って食べすぎてしまう
③睡眠時間4時間以内の日が2日以上続く

解決策
①寝る2時間前にロックコンテナに入れて触れないようにして彼女にはロックコンテナを使う理由や夜は連絡とれないことを伝える

②一日3食以上食べて、一回でたくさん食べすぎないようにする。1ヶ月の食べるもののリストを作成してそれに従って生活する

③寝る環境を整えるのと前のルーティーンを作成する
(このときはやったことはこちらでした)

○朝日をたっぷり浴びる
○14時以降カフェインを取らない
○寝る90分前の入浴
○マインドフルネス
○目のマッサージとリラックス
○読書

生活

予想される問題点
①自分の意志や意見を伝えない
②自己研鑽の時間を作らない
③自己分析が足りない

解決策
①毎日、設定した目標を朝家を出るときに読み上げて、オフィスに座る前に読み直す

(このときリーダーシップを身につけたい能力のひとつに設定していて「自分の意志や意見は主張する」という課題を設定していました。そしてそれを見直してました。)

②仕事業務時間以内に終わるように調整する
できない場合は終わったあとになぜ業務時間以内に終わらなかったか分析する

③毎日の振り返りで、次の日に起こり得る問題点を考えるようにする

こんな感じで分析して、問題と対策を考えます。
僕自身かなり助けられました。

ちなみに僕はひとつの項目ごとに8個くらい挙げて上位3つを書いた感じです。
できるだけ多く問題点を挙げて、解決策はもっと多く上げて、その中から与えるインパクトが大きい順に絞ったほうが精度の高い対策になるのでオススメです。

実際に考えた時は対策ももっと考えてあって、書きすぎたので問題と対策を書いた紙を別ファイルにしていたりします。


分析も回数を重ねてPDCA回すとかなり精度上がります。
ちなみに一番成長を実感するのは2回めの自己分析です。

複数回やるのオススメで、前回までのを見ずに行った方が、過去の自分に引っ張られずに、今の自分に合った内容になります。

ではでは~

有料の悩み解決の書籍が無料で読めるキャンペーン中

成功する経営者たちが、
真の幸せを手にするために
こぞって学ぶマインドがあり
メルマガでその内容を公開しています。

メルマガに登録するだけで、
マインドを磨く技術50万円分のノウハウを
無料で学ぶことができます。

 

僕はもともと
ひどく仕事できない人間で
アルバイトでも会社員でも
活躍できない人間でした。

そんな僕でもこの技術を使って
行動したら人生が180度変わり、
好転しました。

・決まった時間に決まった場所に出社
→場所も時間も選ばない生活

・体重108キロで自分に自信が持てない
→ダイエット-40kg成功

・運営していたSNSを成功させる
→Twitterを3ヶ月で1万人達成
→YouTube複数チャンネルを10万人まで伸ばす

・彼女すらできない
→理想の恋人ができた

など

 

その技術を学び、
達成したいことを叶えてきました。

 

その経験からどんな環境で育っても、
知識一つで、
思考が変わり、
行動が変わり、
習慣が変化して、
人生を変えることができると
確信することができました。

【自分のやりたいことが叶う】

一人一人がイキイキして前向きになり
世の中が活気に溢れて
社会がもっとよくなると思っています。

 

読むだけで悩み解決できるマインドが
身につくように書いています。
メルマガに登録して無料プレゼントを受け取ってみる

たくさんの経営者の方に役に立ったと言われた
自己分析ツールも、今期間限定で、
登録してくださると
書籍に加えてダウンロードしていただけます。

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

▼メルマガの登録はコチラから▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

安藤 優希
サイト管理人:安藤優希 ビジネス系のコーチングが得意 1989年生まれの群馬出身。 目標達成の技術を使い年商1億円&3億円の社長をコーチング。 港区(六本木)勤務歴8年。有益だと思った本の内容も発信。 カメラと旅行が趣味。人がイキイキできる社会になるよう情報発信中。108kg→69kgのリバウンドなし健康ダイエットの経験。ベンチプレス元120kg。